漢字が苦手だった子供が漢字検定を通して得たことを考えていたらパパの問題だったってこと

 

昨日の3ヶ月ぶりのブログが書き終えるまでに2時間もかかったんです。
何事もコツコツ努力していかないとダメだなと痛感しました。

 

 

勉強嫌いで勉強に自信がない典型的な運動だけ得意な次男に漢字検定をチャレンジさせてみた

うちの次男のノア。
「子供は勉強ばっかりよりも元気よく友達と遊んでるほうがいい」って考えからなのか漢字が苦手でしょうがなかったんです。
そろそろ勉強させなきゃまずいなってことで漢検に挑戦させることになりました。

ノアは漢字が苦手とゆう事実→漢字が苦手とゆう意識から勉強が苦手だと思い込んでいる→苦手だからなおさら勉強しない。
そんなマイナスの流れに陥ってました。これはなんとかしなくてはいけません。四年生からはもっと勉強も難しくなるし。

週末の夕方や土日の昼間はアピエの隅っこで勉強をさせています。
名付けて寺子屋アピエ。

 

漢検にチャレンジすることで感じて欲しかったこと

 

親の気持ちとしてはコツコツ勉強する習慣をつけて欲しいかったんです。そして苦手な漢字で漢検に合格することで漢字の苦手意識をなくしてほしい。ちょっと無理な目標を乗り越えることで自分の可能性を信じてやればできるってことを体験してほしい。あわよくば自信をつけて勉強を好きになって欲しい。そんなことを期待しながら挑戦させました。

2ヶ月間学校の勉強の他に漢字を2時間くらい、休みの日はもうすこし時間を伸ばして勉強していました。勉強をする習慣のなかったノアにしてはめっちゃくちゃ頑張ってくれました。結果は1ヶ月後やけど、たぶん合格してると思います。本人も手応えはあった様子だし。

昨日、漢検を終えてノアがコツコツやったら勉強楽しくなってきた。自信がついたわ。って寝るときに布団の中で話してきてくれました。チャレンジしてよかったね。次の目標も決めてまたチャレンジしようって話をしました。
パパの思惑どうりに少し自信がついて勉強が楽しくなってきたようです。

 

 

 

少しだけ高い目標を目指してコツコツ毎日取り組むことで、その目標を達成した時に自信と楽しむ余裕が生まれ、また次の目標へ取り組むことができる

あれ?
あれれ?

これって自分自信に今足りてないことでした。ブログを書いていてまさに自分への内容だなって。ブログをコツコツ書くことでまずは毎日続ける目標。そしてそれができるようになったら内容を高めていく。ノアに偉そうに話してた内容は自分にいいたいことだったんですね。まさに鏡です。ブーメラン。親は自分のことは棚に上げて偉そうにゆってしまうもんですね。次は僕の番。毎日コツコツブログを書くことを気合い入れてやります。

Follow me!


The following two tabs change content below.

藤川 拓人

スタイリスト&シャンプーソムリエapied
大阪府豊中市の『髪・肌・頭皮のトータルビューテイーを考える大人の女性の為のアンチエイジング美容室』apied(アピエ)のスタイリスト&シャンプーソムリエです。特に40代からの髪質の変化でのお悩みの解決と相談が得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お気軽にお問い合わせください。06-6850-4801受付時間 10:00-18:00
定休日
月、第1,3火曜