子供たちの世代の発想力は大人の想像を越えていくよね。

みなさん、またこの季節がきましたよ。
なにがって?
いや、縄跳びの季節ですよ。
小学生は、冬の体育は縄跳びなんですって。
去年の今頃も次男の縄跳びに毎晩付き合わされていました。
補足すると、うちの次男はハマり症。
縄跳びにハマると毎晩二時間とか練習します。側転にハマった時は、片手で側転できるまで何時間もやってました。

そこで次男の練習のやりかたになるほどなーって思ったこと。

はじめは下手くそな跳び方

はじめは下手くそな跳び方

子供たちにとって、練習にデジタルは当たり前。

次男は去年まで縄跳びをほとんどしたことがなかったので、練習を始めた時は1回とかしか飛べなかったんです。
まぐれで2回とか。
何回かやってると自分でもおかしいなって気付いたみたい。

YouTubeでお手本の動画を要求します。

ここで次男の大好きなYouTubeです。
今はゲームの攻略動画やレビューの動画などで子供たちには当たり前になってるYouTubeで縄跳びのお手本や練習の動画を検索させられます。
パパのアドバイスやお手本よりもわかりやすいですし、ケンカになりません。
だいたい子供がやる気をなくすのは親がアドバイスした時じゃないですか?YouTube先生に任せて横で応援しとけば上手くいきます。

YouTubeをお手本に練習を再開します。

それでもうまくいかない。

だんだん上手くなる

だんだん上手くなる

スマホでムービーを撮らされます。

それも色んな角度から。前から横から後ろからです。
「パパ跳ぶとこ撮って!」って。

撮ったムービーとYouTube先生の違うところを探します。
「こっちの手がぜんぜん動いてへんわ」
「跳ぶときにお尻が出てるわ」
「膝が曲がってるわ」
とか、違いを探してます。

そこをブツブツいいながら、練習を再開してしばらくしたらムービーを撮る。

僕のできることは、応援して褒めてムービーを撮る役しかないです。

そうすると1日でメチャクチャ上達するんですよ。

PDCAサイクルが自然にできてる

PDCAサイクルってゆうんでしたっけ?

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→ACT(改善)だっけ?
間違ってたらごめんね。自分でグーグルで調べてね。

こんなこと難しく考えるから大人ってだめなんだなー。
自然に楽しく出来てる子供にはかなわない。

自分でこの練習を見つけた子供の発想力ってすごいなって。
デジタルを使いこなしてますよね。
少なくとも僕の子供のころにはなかった発想です。
これからどんどん変わっていくんだろーな。
子供たちにも、どんどんスマホやゲームを触らせていろいろ教えてもらお!
スポンジみたいに、若い世代から吸収していかなきゃな。

そんなことを考えながら縄跳びを応援してました。

 

Follow me!


The following two tabs change content below.

藤川 拓人

スタイリスト&シャンプーソムリエapied
大阪府豊中市の『髪・肌・頭皮のトータルビューテイーを考える大人の女性の為のアンチエイジング美容室』apied(アピエ)のスタイリスト&シャンプーソムリエです。特に40代からの髪質の変化でのお悩みの解決と相談が得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お気軽にお問い合わせください。06-6850-4801受付時間 10:00-18:00
定休日
月、第1,3火曜