自撮りが恥ずかしいですか?僕は2つの理由で自撮りをしています

こんにちは。

藤川です。

最近フェイスブックやブログに出先での自撮りした写真や子供たちとの写真を載せたりしています。

そうすると、はずかしくないの?とか私はムリ!とか今日は化粧が崩れてるからとかゆう人がいるんです。

僕も以前はそうでした!今でも場所によっては恥ずかしいし、SNSに載せる写真は悩みますよ。
最近ようやくすこしだけ慣れてきました。

自分を知ってもらうために撮っています。

仕事でフェイスブックとかブログに自撮りをのせて意味あるのって思いません?
僕は思ってました。

今は仲のいいフェイスブックで交流のあるお客様に、今こんなことしてるんだよー、今日はこんなんだよって知ってもらうためにとっています。

あと初めて会う方や初めて担当させていただくお客様に自分を知っておいていただくこと。 

どんな人か知っておいていただけたら、実際に御来店してくれたときにイメージと違うわーとか、担当してもらった美容師さんとなんかあわへんわーってゆう人間性のギャップでがっかりされることも減るんじゃないかとおもいます。

だから、いまはどんどん自撮りしていくほうがいいんじゃないかと。

でもねまだまだそれでも自撮りに抵抗あるわーって方は、視点を変えてみてはどうでしょう?

僕はこんな想いもありながら撮っています。

子供や大切な人のために撮る自撮りもあっていいんじゃないかと思います。

引越しの時や片付けのときに自分の子供の頃の写真がアルバムでたくさんでてくることってないですか?

ついつい懐かしくて見いってしまいますよね。
俺の赤ちゃんのときってこんなんだったんやとか!
幼稚園のとき、この公園でよく遊んだわーとか。

いろんな思い出がよみがえってきますよね。

でもね、自分の写真ていいかげんにあきません?
結構みてるし、自分のことは知ってるしって僕は思うんです。

それよりも一緒に写ってる当時の父や母や祖母、祖父とか家族の写真で盛り上がるんです。
あー子供の頃父がよくこのトレーナー着ていたなーとか。
今は髪の短い母やけど、あのころは長くて触るのが好きだったなとか。
おじいちゃんも昔は髪があったなとか。

でも、時代なのか両親がはずかしかったのか、子供を優先してくれていたのかわからないけど
一緒に写っている写真て少ないんですね。

もっともっと思い出したいのに圧倒的に少ないんです。

今思うんです。

あのころ両親が自撮りをしてくれていたらもっとよかったのにって。

 

うちの子供たちはママが亡くなっているのでもう一緒に写真をとることはできません。
子供たちのママは写真を撮られることが嫌いで家族写真も撮る側にまわったり。
後になって子供のためにたくさん撮ればよかったなって思うことがあります。

 

あなたが寝起きの写真でも、半目になっちゃった写真でも、いい感じに取れなくても。

ありのままの自撮りが周りの人の大切なものになります。
せっかくデジタルで気軽に写真がとれる時代です。

人の目や、自分のことで考えると恥ずかしいかもしれないけど
周りの大切な人があとで楽しむために残していけばきっと撮りやすいんじゃないでしょうか。

 

あと、とっても大切なこと。

自分一人で撮るよりも、子供と一緒のほうが

 

いいねもアクセスも増えるってことーー

 

思っているより人は僕に興味がないってこと笑

20151231_144127

 

 

 

Follow me!


The following two tabs change content below.

藤川 拓人

スタイリスト&シャンプーソムリエapied
大阪府豊中市の『髪・肌・頭皮のトータルビューテイーを考える大人の女性の為のアンチエイジング美容室』apied(アピエ)のスタイリスト&シャンプーソムリエです。特に40代からの髪質の変化でのお悩みの解決と相談が得意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お気軽にお問い合わせください。06-6850-4801受付時間 10:00-18:00
定休日
月、第1,3火曜