ヘナ染め

ヘナとはインドが原産のミソハギ科の植物です

ヘナとはミソハギ科の低木の葉を乾燥させて粉末にしたものです。

植物由来のパウダーのものをヘナと言っちゃう人もいますが、全く違うものなので気をつけてくださいね。
ヘナを湯で溶いて、髪に塗布して白髪を染めたりトリートメントのように使用したりします。
ヘナはオレンジにしか染まりません。茶色や黒に染まるものは染料などが入っている可能性があります。ヘアカラーにアレルギーがある方は注意してください。

 歴史も長くて安全な天然トリートメントでもあるヘナは5千年の歴史あるアーユルヴェーダでも使われれています。、髪の表面を守るようにコートし、紫外線や空気の汚れからも守ってくれます。

また、ヘナの中のローソニアという成分がオレンジ色に変わる事で白髪が染まります。化学物質ではないので黒髪を染める力はありません。あくまでも、白髪へオレンジ色を入れる、もしくはぼかす事ができます。

天然で安全なヘナを選べば一般の化学薬品の白髪染めとは違い、ダメージもなく私達がおすすめできるヘアーカラーですし、細い髪の方やコシがなくなってきた髪にハリが出て、逆に硬い髪のかたはさらさら、つるつるした髪になるとトリートメント効果に優れています!

最初はヘナショックと言われる、きしみやごわつきがでる方もいますが、オイルを上手につかう事で解消する事も可能ですよ。

1回目ヘナ染め後

 

インディゴとはナンバン藍の葉です。

「ナンバンアイ」「木藍」 と言われています。

インドで栽培されるハーブの一種で、藍染やデニムのようなブルーに染まる植物です。薬草でもあるインディゴは薄毛対策やホルモンを安定させるなどにも効果があると言われています。また、酸化の作用によりヘナに混ぜる割合を変えて塗布する事で、48時間かけてゆっくり発色し定着して白髪を明るいブラウンにしたり、ブラウンに近く染める事ができます。

 ただ、インディゴを混ぜて綺麗な色を出していくには、テクニックや塗布する範囲や時間などが大きく左右する為、サロンでのまめなケアをおすすめしています。

染めたばかりの日は白髪が緑色なりますが、数日かけて少しずつ発色してブラウンぽく落ち着いてくるのも特徴です。

 

当日。ブロー後

 

どんなヘナが安心なの?

ネットや通販でヘナが発売されています、美容室でヘナとして使うものまでありますが残念ながら、中には化学染料(ジアミンなどや、他の染料など)などをまぜている商品もあルノが現状です。

ヘナに農薬は必要ありません。その為収穫時にはすべてが無農薬でオーガニックヘナなのです。オーガニックを謳い高額すぎるヘナも必要ありません。

インドで収穫したヘナは、すべてインド政府の国営のマーケットに集められある程度の等級に分けられます、加工工場に運ばれ、パッケージングされて日本におくられ、各メーカーで販売されています。問題はこの加工工場で、どうのような加工をされてしまうのかです。残念ながらこの段階で混ぜ物をする会社が多いのです。粗悪なヘナに合成の色素をまぜてしまったり、ヘナに別の雑草をまぜたりすることもあるみたいです。

ちなみにアピエのヘナは100%天然の安心・安全なハーブですのでご安心を!

The following two tabs change content below.

藤川 拓人

スタイリスト&シャンプーソムリエapied
大阪府豊中市の『髪・肌・頭皮のトータルビューテイーを考える大人の女性の為のアンチエイジング美容室』apied(アピエ)のスタイリスト&シャンプーソムリエです。特に40代からの髪質の変化でのお悩みの解決と相談が得意です。

お気軽にお問い合わせください。06-6850-4801受付時間 10:00-18:00
定休日
月、第1,3火曜